VIEW CHALLGE

テーマ「挑戦」です。

本格的に指導して欲しい方、自己ベストを目指したい方、大会に挑戦したい方向けです。

皆さんランニングのクラブの指導はどんなイメージを思っていますか?

毎日速いペースで走っていたり、厳しい筋トレをやっていたり、ぜぇぜぇ、はぁはぁ、、、と厳しいイメージがありますよね?

アイコン名を入力

わかります!その気持ち!

とにかくきつそうで・・・

そんな皆さんにおすすめしたい練習方法があります。

実際は厳しい練習をしなくて足は速くなれるんです。

速くなる方程式

速くなる方程式をご存知でしょうか?

あまり聞いたことないでよね?切り口を変えて質問すると、速くはしるためにはどうすればいいでしょうか?どんなことが思いつきますか?答えはとてもシンプルです。

アイコン名を入力

実際多くのトップランナーがこの考え方を参考に練習しているね♪

答えは、

「足の回転数」×「ストライドの大きさ」

速く走るためには、足の回転数が速くて踏み出す一歩が大きければ

人は速く走れるということです。

(画像)

シンプルかつわかりやすいですよね?小学生でもわかる方程式だと思います。この2つの基礎練習をきっちりすれば自然と足は速くなれます。

ウォーキングとヒルトレーニング

アイコン名を入力

理論はわかったけど、解決策はどうすればいいんだよー

具体的な解決策は次の通りです。

・足の回転数をあげるには

「ウォーキング」

・ストライドを大きくするには

「腿上げとヒルトレーニング」

この2つの基本をみっちりやれば大丈夫です。

ウォーキングは走る基本です。歩けば歩く分速くなっていきます。得られる効果は

  • 足の回転数が自然と速くなる
  • 体感が鍛えられる
  • 毛細血管が拡張し、怪我をしにくい体になる

ここでは詳しく解説しませんが、効果は抜群です。

アイコン名を入力

ウォーキンで本当に速くなるの~

(画像)

速いランナーはみんなやっていますよ。例えばこの2人

陸上界のレジェンド、瀬古利彦さん、高橋尚子さん。

この人達もウォーキングを推奨しています。

(瀬古さんの本の紹介)

速いランナーは地道な練習をしっかりやっていますね。

アイコン名を入力

そういえば、本田圭佑もいってたなー

地味な練習かもしれないが頑張りましょう!

次に腿上げとヒルトレーニングについてです。

そもそも腿上げはなんの練習目的でやっているのでしょうか?

アイコン名を入力

陸上部がよくやっているやつだよね?んーなんだろう・・

これ、陸上経験者もしくは指導者も答えられない人多いんです・・・

正解はストライドを大きくするためです。答えは出ていましたね。

腿上げを高く上げれば、ストライドは大きくなり、踏み出す一歩は大きくなります。

逆に腿が低ければ踏み出す一歩は小さくなります。

この考え方を踏まえて、効果を最大限に発揮するのが、ヒルトレーニングなんです。別名丘の上のトレーニング。

坂道を腿上げで登っていきます。

アイコン名を入力

ひぃ~大変そうだね

これも得られる効果は抜群です。

  • ストライドが大きくなる
  • ヒラメ筋が鍛えられ、アキレス腱の故障がなくなる

速く走るためには、この2つの掛け算で、成り立っているのです。

初心者からサブ3.5ランナーへ

今まで述べたとおり、そんなに厳しい練習はしていません。

ウォーキングは誰でもできますし、腿上げもきつくはありません。そんなに厳しい練習をせずに、簡単に楽に速くなれるのです。

なので、インターバル練習をガンガンやりたい方は合っていないと思います。

こんな方がおすすめです。

初心者で大会を目指している方

ランニングの基本を学びたい方

サークルでは物足りない方

サブ3.5を目指している方

その他にも、スポーツ栄養士の方が在籍しています。栄養学をしりたい方もぜひいらしてください。

私たちと一緒に走りましょう

こんなコロナ渦だからこそ、一緒に走りませんか?

大会が再開したら思い行きって、チームのみんなで走りましょう!!

お申し込みページはこちらから

FUN RUNからスタートしたい人はこちらから!

皆さんと会える日を楽しみにしてます